体中が乾燥してカサカサしているときの原因と改善対策

顔だけじゃなく全身の保湿が重要!

乾燥肌ときくと顔の乾燥をイメージする方が多いと思います。
顔のスキンケアしているのに、体のスキンケアはしていなくて、よく見ると、脚がカサカサになって粉をいているなんてこともしばしばあります。顔のスキンケアばかり行って、体の乾燥を放置していると見た目も悪くなるのはもちろんのこと、乾皮症・皮脂欠乏性湿疹という疾患にかかってしまうことがありますので、注意してください。

この乾皮症・皮脂欠乏性湿疹とは、皮膚のバリア機能が損なわれ、乾燥して角質がはがれてしまっている状態です。皮膚表面がガサガサしていたり、白い粉をふいたようになったり、ひび割れができて痛みやかゆみが発生しているのが主な外見上の症状です。
バリア機能が壊れた肌は、通常弱酸性に保たれている皮膚のpHがアルカリ性に傾き、細菌が繁殖しやすくなることから、細菌感染のリスクが高まります。
また、バリア機能が低下すると、普段は角質層から奥へは浸透しない物質が角質層を通り抜けてしまいます。そのため、髪や衣服が触れる程度の軽い刺激でかゆみを感じたり、使い慣れた化粧品の成分にかぶれて赤くなるなど、刺激に対して敏感になります。

こういった皮膚疾患を予防する為にも、全身のスキンケアをしっかりと行い、乾燥対策することが重要です。

まず、ボディケアで気をつけたいのが入浴方法です。
熱いお湯は皮脂や角質層の細胞をつなぐ働きをしているセラミドなどを流してしまいます。熱いお湯に長くつかっていると、皮膚を乾燥させバリア機能を低下させるため、お湯につかるのは10分まで、お風呂の温度は冬でも40℃までに設定するといいでしょう。
入浴中に体を洗う方がほとんどだと思いますが、その際、ゴシゴシ体をこすると皮膚を傷めることになってしまいます。特にお風呂に長くつかりふやけている体を強くこすると、角質がとれ皮膚がボロボロになるので、しっかりと泡立ててから洗うようにしましょう。乾燥が気になる時期は毎日ボディソープを使わなくても問題はありません。どうしても毎日使いたいという方は保湿成分がたっぷりと入った商品を選びましょう。

そして、乾燥から肌を守る一番の方法は、顔のスキンケアと同様に、保湿し、肌の水分を逃がさないようにすること。お風呂上りや外出前に、ヒアルロン酸やセラミドなどを含んだ、保湿効果の高いボディローションやクリームを使って、肌の水分を守りましょう。
夜のボディケアならばオイルを使うのもおすすめです。ベタベタはしますが、保湿力が高いので、寝る直前にマッサージしながら塗るのもいいでしょう。
また、室内の湿度を保つことも顔の乾燥ケアと同様に重要です。

他にも、肌の代謝がスムーズに行われるために、十分な睡眠をとり、バランスのとれた食生活を心がけましょう。タンパク質はかかせない栄養素ですし、野菜類も積極的 にとりましょう。また、水分をたっぷりとることも大切です。水は1日1.5リットルぐらいを目指して飲むのが目安です。カフェインが含まれたコーヒーや紅茶、緑茶は利尿作用があるので、水分補給には適しません。皮膚の粘膜を強くするビタミンB2、B6、Cのサプリメントも効果的です。
当サイトをご閲覧いただき、ありがとうございます。管理人のヒロエです。
乾燥が原因で起こるカサカサ肌の改善方法や実際に使用してよかったコスメを写真付きでご紹介しています。
初めての方でも安心して購入して頂けるように、おトクなトライアル初回価格などをご紹介できるように心がけています。参考になれば幸いです。

乾燥が原因で起こるカサカサ肌を今すぐレスキュー!