手の乾燥!あかぎれ・びひ割れの予防・改善方法

痛みを伴うあかぎれになる前にハンドケアするのが重要

手の乾燥やひび割れは、寒い冬、特に水仕事の多い主婦の方や飲食店で働いている方などに多い悩みです。

その原因は、ズバリ寒さと乾燥です。
寒い冬場の水仕事は本当に辛いもので、冷たい水にさらされていると手先の血行が悪くなり、ひび割れと一緒にしもやけができてしまうこともあります。

手の乾燥のことをひび割れといったり、あかぎれといったりしますが、厳密には、肌表面の表皮が割れている状態を「ひび」といい、ひび割れが悪化し真皮にまで達している状態を「あかぎれ」といいます。あかぎれになると、かゆみに加えて痛みがともない、さらには血がにじんできて見た目にも痛々しい状況なので、早い断簡でケアすることが重要です。

まず、手の乾燥を予防するためには、手を乾燥・寒さから守ることが重要です。
たとえば、洗剤はなるべく直接触れないよう、ゴム手袋を装着する、なるべく刺激の少ない洗剤を薄めて使う、ハンドクリームでこまめに保湿ケアをするなどが挙げられます。

ここで最も注意したいのが、冬場に冷たい水で洗い物をするのがつらいからといって、温かいお湯で洗い物をするということです。温かいお湯は、皮脂膜や角質層の細胞間脂質(セラミドなど)が余計に洗い流してしまい、お肌のバリア機能が失われ、乾燥を加速させてしまいます。
手の乾燥が進むと、肌が鱗のようにカサついてきて、ひび割れてしまいます。そのため、洗い物をする際は、先にもお話したように、ゴム手袋を使用するか、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

次にできてしまったひび割れやあかぎれの対処法ですが、ひび割れができてしまった場合のケアとしては、予防ケアに加え、できてしまったひび割れを保護するケアが必要です。

こまめにハンドクリームを塗って油分や水分を補うケアはもちろん、血行促進に働くビタミンEを含む軟膏も有効です。ハンドクリームは保湿成分(尿素やグリセリン)を含むものがオススメです。
人気のワセリンは、ひび割れた患部を保護したり、油分で蓋をすることで乾燥を防ぐことはできますが、水分を補う効果はないため、使用するときは保湿成分を含むハンドクリームの後に使うようにするといいでしょう。
また、水に触った後は柔らかいタオルでしっかり水分を拭き取ることも重要になります。

なかなかひび割れが治らない・あかぎれにまで悪化してしまったという方は、手袋を使ったスペシャルケアを取り入れるといいでしょう。
これは、就寝時や外出時にハンドクリームなどでケアした手に木綿の手袋をはめるというケアです。木綿は、程よい通気性がありながらも、しっ かり保温効果もあり、乾燥やひび割れケアにはピッタリです。このケアは外部の刺激からも保護してくれますから、ささくれなどにも有効です。
当サイトをご閲覧いただき、ありがとうございます。管理人のヒロエです。
乾燥が原因で起こるカサカサ肌の改善方法や実際に使用してよかったコスメを写真付きでご紹介しています。
初めての方でも安心して購入して頂けるように、おトクなトライアル初回価格などをご紹介できるように心がけています。参考になれば幸いです。

乾燥が原因で起こるカサカサ肌を今すぐレスキュー!